証券会社と銀行の違い

証券会社と銀行の役割「直接金融」と「間接金融」

間接金融とは、第三者からお金を借りて、お金を借りたい人にお金を貸す金融機関のことをいいます。代表的な金融機関に銀行があります。預金者がお金を預けて、銀行はそのお金をお金を借りたい人に預けます。銀行はお金を借りたい人から利息をもらい、お金を預けた人は、銀行から利息をもらいます。銀行はお金を貸した人からもらう利息から、預金者の利息をひいたものが銀行の利益になります。銀行では、万が一お金を貸した先が倒産して、お金が返せなくなっても、損失は銀行が背負うことになります。預金者が預けたお金は原則的に守られています。一方、直接金融には証券会社があります。直接金融では、お金を出す人投資家は企業や地方自治体から株式や債券を購入して、配当や利息を受け取ります。企業が新規事業を行う場合に、債券を購入してくれる人を自ら探すのが困難な場合があります。その場合、証券会社が債券の仲介販売をして、投資家と企業の橋渡しをします。証券会社は仲介販売の手数料が利益になります。もし株式や債券を発行した企業が、倒産した場合には損失は投資家が負います。間接金融では、リスクは銀行が負いましたが、直接金融ではリスクは投資家が負います。企業が倒産した時に、お金が一円も戻ってこないこともあります。そのため、直接金融では投資家の自己判断で投資を行うことになります。リスクが大きいのが直接金融の特徴ですが、銀行の預金者に比べ利益がはるかに大きいというメリットもあります。つまり、投資家の自己責任で投資をするかどうか判断するか決めることになります。日本では、海外に比べて銀行への個人預貯金の割合が多くなっていますが、規制緩和により徐々に直接金融に割合が多くなっています。

証券会社と銀行での金融商品の違い

銀行と証券会社では、扱っている金融商品が違います。銀行では、「定期預金」「外貨預金」「個人向け国債」「投資信託」などを扱っています。証券会社では、「国内および外国の債券」「国内および外国の株式」「投資信託」「FX」などを扱っています。どの商品がいいのかは、何を優先するかによって変わってきます。「とにかく損はしたくない」という場合は、定期預金や個人向け国債がよいでしょう。これらの商品は、基本的に元本割れがないからです。しかし、リスクが少ない半面、リターンも少ないですから、投資という観点からするとダイナミクスに欠けるといえます。また、個人向け国債はどちらでも扱っていますが、銀行の場合は手数料が必要になるので注意しましょう。次に、「大きくお金を増やしたい」という場合は、外貨預金やFXがおすすめです。これらは、損をするリスクがありますが、その分リターンも大きくなります。さらに、両者のうち、FXのほうがよりハイリスクハイリターンとなっています。そして、「株に投資したい」という場合は、証券会社で株式投資を行うのがおすすめです。しかし、株はたくさんありますから、初心者はどの銘柄に投資すればいいのか分からなくなりがちです。そのような場合は、投資信託にするとよいでしょう。これは、どちらでも扱っています。ただし、銀行ではあまり多くの種類はありません。また、同一の投資信託が複数の金融機関で扱われていることもあります。この場合、手数料をチェックしたうえで、どこで買うかを決めましょう。同じ投資信託でも、金融機関によって手数料が違うことがあるからです。このように、何を優先するかを明確にしたうえで、金融商品を選ぶようにしましょう。

証券会社での口座開設方法

証券会社で口座開設を行う方法は、実店舗を訪れて開設する方法と郵送で行う方法、そしてインターネットを使って開設する方法に分けられます。実店舗で口座開設をするには、店舗で口座開設申込書に必要事項を記入し、本人確認書類を添えて窓口に提出します。この際、本人確認書類は原本が必要になることが多いので注意しましょう。受理されれば本人確認書類は返却されます。そして4日から5日程度かけて口座開設の審査が行われ、審査を通過すれば口座開設が完了します。すぐに郵送でIDやパスワードなどが記載された書類が送られてきます。郵送で口座開設を行う場合は、まず口座開設申込書を取り寄せる必要があります。コールセンターなどに電話するか、証券会社のウェブサイトで公開されている場合もあるので印刷して使用します。必要事項を記入したら、口座開設申込書に本人確認書類のコピーを添えて郵送します。本人確認書類のコピーは返却されないことがほとんどです。会社側に書類が到着次第審査が行われ、通過すれば開設完了です。1週間程度で書類が送られてくるはずです。インターネットを利用する方法は現時点で最も手軽な方法だと言えます。口座開設申込書に手書きで記入する必要は無く、ウェブサイトの口座開設ページにアクセスし、パソコン上で氏名や職業、金融資産などの必要事項を記入します。本人確認書類もコピーを用意せずに、スマートフォンやデジタルカメラで撮影してウェブサイトでアップロードするかメールに添付して送信するだけで口座開設手続きが完了するのです。審査基準も証券会社の店舗を訪れる場合や郵送の場合と同じで、審査に通ればIDやパスワードが記載された書類が郵送されてくる点も同様です。自分が最もやりやすい方法で口座開設を行いましょう。
■選ぶべき仕手株を調べるならばここで
仕手株ツウ御用達!!銘柄選びガイド
■ニーサの基本マニュアル
ニーサ非課税枠利用状況
■ランキングでみると分かりやすい
気になる投資顧問のランキングをチェック
■抽選に申し込む前にまずこちらを確認
IPO初値予想はこちらから